半月板損傷、変形性膝関節症

2018.01.05
患者様の声
三原市 Cさん (56歳男性)

<症状>
2010/8月初めに趣味でもあり日課でもあるジョギング時に右の膝の内側にピリッとした痛みがありました。すぐに治ると思っていたのですが、なかなか治らずその内左にも同じ痛みが出始めました。

<感想>と状況
近くの2ヶ所の整形外科に行ってレントゲンを取ってもらいましたら変形性膝関節症の初期と診断され、椅子に座っての筋トレで大腿四頭筋を強くする事を言われ低周波治療と併用し1ヶ月真面目に取り組みました。でもなかなか好転せず、その間もヒアルロン酸の注射を1週間隔で5回してもらいましたが2~3日は良いのですが好転するまでにはなりませんでした(病院では長歩き・長立ち・重い物はもたないと言われました。---元々、ウォーキングが趣味で休日にはウォーキングや近くの山に登るのが楽しみでしたので、これから先に対する不安と失望で食欲も落ち毎日が憂うつな日々になってしまいました。1ヶ月が過ぎ通院していた整形外科で手術も含めた治療の出来る病院を紹介してもらい隣町の総合病院を紹介してもらいました。ネットで調べると膝の専門医のおられる病院で再度レントゲンを取り軟骨を調べるためMRIも撮ってもらいました。その結果、右の半月板に傷があり左にも小さい傷があると判りました。原因が判ったので手術をしてもらえば治ると思いましたが、初期の事もありもう少し様子を見ようと言われ同じような筋トレを続けて1ヶ月も続けました。
その間もネットや本で膝半月板損傷の事を調べていましたら意外な事が判ってきました。
1.半月板を含む軟骨は再生しない。((再生するという医師もい  るのですが大勢は再生しないと言われる))
2.軟骨には神経が通っていないので痛みは感じない((では膝の  痛みって何なんでしょう?))
3.手術は部分切除が全切除で術後、変形性膝関節症・半月板損傷  の再発の可能性が高い。
4.切除しても痛みが無くなるとは断定出来ない。

こんな情報を見ると私も、多分担当の医師の方も初期の場合は手術の選択はしにくい事を知りました。でも好転の様子もなくこの間気持ちも落込み食欲も無くなり5㎏痩せました。
そんな時ネットでこちらの整骨院を知りワラをもつかむ思いで予約を取りました。でも初診の時は半信半疑(実際は3信7疑ぐらいでしたけど・・・)で、言われることも今やってる事と違う事が幾つかあって迷いながら施術を受けました。実際、初回の施術で変化があったもののそれでも続けて来ようと思ったのは、
1.自分の膝に1時間近く関わってもらえる(病院では診察だけだ  と5~10分程度)
2.初回で変化があった事
3.ここ以外に良くなる可能性のある所を知らない事

でした。以来1ヶ月半通っています(2010/11/17)。今は痛みもかなり取れ、歩く距離も長くなってきています。もちろん手術も必要ないと思っています。今も施術を続けていますが、何とかウォーキングを楽しみ近くの山に登れるまで回復する事を目標にしています(もう近い感じですが)。その為にも根気良く続けていこうと思っています。