患者様の声
福山市 Tさん(41歳男性)
ランニングで「変形性ひざ関節症」と診断され、その後、「腰椎椎間板ヘルニア」と診断されました

<症状>

・右ハムストリングの違和感
・両ひざの変形性ひざ関節症
・腰椎椎間板ヘルニア

<感想>

10年前から始めた趣味のランニングがきっかけで2年前よりフルマラソンにも出場する様になりました。
2019年6月、トラックでスピード練習を行っていた際、右ハムストリングに違和感が発生し、その後、以前の様な走りが出来なくなりました。
当時は「定期的に通っている整形外科で治療を施してもらったら良くなるだろう」と思っていましたが、思ったほどの効果はなく、7月に入り両ひざにも痛みが出てきて、同整形外科で診察すると「変形性ひざ関節症」と診断され、走ることも難しくなりました。その後、両ひざをかばって生活をしていたら、腰まで痛くなり「腰椎椎間板ヘルニア」と診断され、その後も整形外科に通っていましたが良くなる兆しもなく、時間だけ経過しました。
12月にHPで「すぎもと整骨院」を知り、予約待ちで2020年1月から施術開始しました。1回目は問診がメインで詳しく症状を説明。そして日常生活でどんな動きが中心になっているかも説明しました。2回目以降、本格的な施術が始まりましたが、自分が想像していた「ゴツゴツ」「バキバキ」と言った施術ではなく、患部をゆすったり、さすったりがメインで時々ウトウトしてしまう感覚です。施術中の先生はとても真剣に向き合ってくれて、厳しいことも言われますが、患者のことを考えての発言だと思います。
また施術中も色々な話をしてくださり、緊張をほぐしてくれる気遣いも嬉しかったです。予約時は前回の施術から今日までの状態を報告し、その状態に見合った施術と自宅でも出来るストレッチも教えてもらっています。現在、通い始めて5ヵ月になりますが、ハムストリング、両ひざ、腰ともに痛める前の状態に戻りつつあり、楽しくランニングが出来ています。
生まれて始めて「整体」を利用しましたが、もっと早く出会えば良かったと思います。

最後に個人的な意見となりますが、「整体」では問診・触診で患者の状態を確認しなければならなく、ここに時間を費やすことも少なくありません。事前に整形外科でレントゲン、CT,MRIなど状態を可視化できる物を準備しておいた方が良いかと思います。
「経験豊富」で「熱心」な先生なので、いち早く原因を掴み、結果的に完治までの期間を短縮できるかと思います。